商工中金寄附講義 中小企業の経済学

  • 人を思う、未来を思う。 商工中金 SHOKO CHUKIN BANK
  • 一橋大学

概要

一橋大学経済学部/経済学研究科では、平成26年度より商工中金寄附講義「現代経済論D 中小企業の経済学」を開設しています。この講義は、わが国経済のなかで重要な地位を占める中小企業について理解を深めることを通じ、ビジネスや政策において中小企業と関わる有能な人材を育成することを目的にしています。
上記の目的を達成するためには、(1)わが国中小企業の特徴、現状、および問題点についての知識を獲得する、(2)中小企業金融、中小企業政策についての実務的な観点から理解する、(3)上記2項目の理解を踏まえ、金融等ビジネス面や政策面から中小企業に関わることの意義と今後のあり方についての考察を深めることが重要であると考えています。
そこで、本寄附講義においては、わが国中小企業の実態と金融・政策対応について主に商工中金の役職員が講義を行い、実態面については、経済理論との関連性に留意しつつ、雇用、国際化、事業承継等多面的な視点から、出来るだけデータや実例に即した形で、中小企業の具体的イメージを明らかにすることとしています。さらに、金融・政策対応については、金融面では企業審査・融資の実務、中小企業金融の先端手法等を紹介し、政策面ではその意義や歴史的経緯、政策の実際面を解説しています。また、経営者ゲストスピーカーを招聘し、中小企業経営者の生の声に触れてもらう機会を設けるべく、特別講義を学期中2回実施しています。
寄附講義は夏学期の水曜4限に開講しています。

運営責任者

一橋大学大学院経済学研究科
教授
: 岡室 博之
非常勤講師
: 清水 紀男

寄附講義に関連する刊行物のご案内

商工組合中央金庫編/岡室博之 監修
『中小企業の経済学』 千倉書房刊 税込2,916円

寄附講義の講義内容を書籍化した本書は、理論から中小企業支援まで幅広く掲載しており、中小企業を理解する上での絶好の手引書です。本書は、寄付講義のテキストとして使用しています。

商工組合中央金庫編/岡室博之 監修 	『中小企業の経済学』 千倉書房刊 税込2,916円

(目次)
  • 第一部 中小企業の実際
    1. 中小企業とは何か
    2. 中小企業の重要性
    3. 中小製造業について
    4. 中小非製造業について
  • 第二部 中小企業を巡る諸問題
    1. 中小企業の経営課題
    2. 中小企業の国際化
    3. 経営者と起業者
    4. 事業承継とM&A
  • 補論 市場退出と事業転換
  • 第三部 中小企業への金融・経営支援と中小企業政策
    1. わが国中小企業金融の現状
    2. 融資の実際
    3. 経営支援の実務
    4. 中小企業政策
  • 付録 中小企業関連データ/ ほか

PAGE TOP